離婚は新しい旅立ち

離婚なら「離婚は新しい旅立ち」へ!

夢を見る二人と。その現実

結婚式を挙げた時の二人は、おそらく夢や希望に満ちた未来を信じて疑わなかった事でしょう。しかし、元々は他人同士である二人が共に生活をしていく事は、決して容易な事ではありません。初めのうちは恋愛の延長の様な感覚であっても、時が経つにつれ夢は醒め、次第に現実が見えてくるものです。その結果離婚に至る事もめずらしくはありません。

恋愛結婚においてお互いを知る事

恋人同士であった頃、どの程度の頻度で会うかは人それぞれでしょうが、同棲していない限りは毎日会う事は稀でしょうし、会ったとしても泊まったりしなければ、その時間も限られています。したがって、恋人の前だけでは自身を取り繕う事も多い事でしょう。しかし交際期間が長ければ、どんなに隠してもお互いの事は分かっていくものです。そうなれば、結婚する段階ではお互いの本質を知り尽くした上での結婚になると思います。特に同棲してからの結婚になれば、尚更といえるでしょう。つまり恋愛期間が長い程、結婚しても離婚する事は少ないと言えます。

短い恋愛結婚と、お見合い結婚

最近では、ごく短い交際期間で結婚するケースがよく見られます。その理由としては結婚への焦りや勢いによるもの、また子供が出来た事をきっかけなどがあります。しかし交際期間があまり無いまま結婚に至れば、お互いの表面状の部分しか分からない為に、欠点や価値観の違いから幻滅し、すぐに離婚してしまう事があるのです。ちなみに以前は、お見合い結婚が多くあり、お互いの事をほとんど分からないまま結婚するケースが多くありましたが、こちらは離婚する事が多くはありませんでした。それは恋愛期間が無い事から、結婚してから悪いところだけで無く、良いところも同時に知る事が出来たからです。つまり恋愛結婚が減点方式であれば、お見合い結婚は加点方式と言えます。また、昔は離婚に対して世間の目が厳しかった事から、余程の原因で無い限りは我慢した事も理由と言えるでしょう。

離婚の決断をする事

昔と比べると、現在においては離婚に対するハードルが、だいぶ低くなったと言えるでしょう。それでも子供の為や、あるいはバツイチなどの世間体を気にして、いまだ離婚に対しての抵抗があるのも事実です。もちろん安易な離婚はするべきではありませんし、少し我慢すればすむ事や、たった一度の些細な喧嘩で離婚してしまうのは、お互いや周囲の人達にとっても不幸な事です。今現在、円満に暮らしている長年連れ添った夫婦にでも、おそらくは離婚の危機があったと思われます。しかし、まだ修復可能な夫婦関係ならまだしも、すでに夫婦生活が破綻しており、当人同士だけでなく子供や親達までも苦痛であるとするならば、その結婚を続ける事になんの意味があるのでしょう。離婚する事によって、それぞれに新しい道が開け状況が良くなるのならば、結婚生活を終わらせる事も勇気ある決断だと言えます。

 

ページの先頭へ